遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜春の、蘇鉄

写真

世田谷は、桜祭りに賑わう、日大通り文理学部教室の傍ら、子供たちが、ダンボォルの切れはしに小ケツを載せ、楽声とともに滑り落ちる、小高き芝生の丘の頂に、おもわず放たれた白い風船ひとつ、みるみると舞いあがる桜春の、蘇鉄。

そう、三年程前に訪れた、沖縄は塩で名高き粟国(あぐに)島の、柵内から僕をぐるりと威嚇する、蘇鉄(そてつ)を飼料とする、蘇鉄牧場の牛たちの毛膚と眼網膜と、その牧場中そこいらと凝血色に咲き誇る険しい蘇鉄の花たちは、余所者を拒み、裏切りを赦さず、今もこの胸に、ただドス赤黒く、刺々しく凄絶と美しい。

南国かぶれの棕櫚(しゅろ)はつまらん。その雰囲氣は、かっての常磐ハワイアンセンター(映画「フラガァル」の地)と、森繁久弥主演の名作映画「社長漫遊記」しりぃずにおける宮崎は日南海岸と、本場ハワイだけで快し。沖縄の厳史と、ハブ毒が育んだ粟国の蘇鉄!我庭に眺めたい。が、手入れは誰かに任せたい!おなじく、柘榴(ざくろ)も庭に眺めたい!が、。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/03(土) 02:24:38|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。