遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F1000304.jpg

明日、25日(土)は、「クリスマスをぶっとばせ!」

荒井良二さんの扉画で迎える「シネマまえばし」 http://www.cinemamaebashi.jp/ で…。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/24(金) 20:55:49|
  2. 近況報告
  3. | コメント:0

星降る夜には独舌(どくぜつ)しりぃず/モナリザの微笑をぶっとばせ!それより麗子微笑!一挙公開

写真

劉生の云う、【でろりとした美しさ】は、芸術=芸能の本根。

僕には麗子の微笑のほうが、モナリザの微笑などより、謎の微笑の点でも、遥かにもっと身近な、意味をもつような氣が、昔からしていた。

身近な、つまり、日本語で語りかける画、というところが、実は、今この国にとって、最も必要大事なことなんだと、つくづく想う。

遠縁の事ばかりみてないで、もっともっと縁近い画を観て、感想する。そして、触発されたら、生きる事、創造する事の、ライバル=糧にする。

そしてまた、そのほうが、画くほうも、近縁を近親者を、意識することにより、生き恥をさらすまいと、より責任感を背負い、より自身と対峙することとなり、創造に対して、真剣味が増幅するからだ。そしてそのぶん見物人の、画の本質に迫る、感想が活発化するからだ。

で、さる日比谷野外音楽堂(8月29日)でのライブ終了後、たまたま来ていた、故岸田劉生さんの、確かひ孫かやしゃごの、自称天使画家美少女岸田尚ちゃんと、偶然に飲む喰う機会があり、麗子微笑のことを、上記の如く僕が熱く語り、麗子微笑の画を小さいころから、怖いとか気持ち悪いとか言われ続けた尚嬢は喜び、ということもあり、漠然としていた麗子微笑について、岸田劉生について、訳知り顔したくて、通りかかった、近所の古本屋で偶然みつけた、この写真の本を購入した。

で、こんなにも何枚もの麗子(劉生の娘)が、麗子似の画が、あるとは知らなかった。そのどれからからも、身近な日本語の語りかけを感じた。僕は今こそ、もっともっと、そんな画をみたい。モナリザの微笑には、取り澄ました冷たさ以外、まったく色気を感じない。それは僕にとって、美ではない。そう、別に高くもないのに、お西洋翻訳文化の、お高みから見下ろしてるだけで、何も語りかけてくれないんだ。芸術の根本は、綺麗だから可愛いから、我知らず触れたくなる、というものだ!。モナリザにはそれが全くない。その違いって、本当に大事なことなんだ。

なのにこの国は、いつまでたっても、後生大事と教科書よ!お前はいったい何なんだ!誰がいつ何処でどんな想いでもって、かような意で画いたから、思想的背景からも、係累や歴史的な観点からも、素晴らしいなんて、要らぬ説教だらけ。そんなもの、関係あるかい。何語でだろうが、何国人だろうが、黙ってたって、良ければ良いんだ。

今こそ、麗子微笑をもって、立ち上がれ!そして僕の「ビィトルズをぶっとばせ!」のなかに…ビィトルズをほんとに好きなら負けじ魂で乗り越えろ!…とあるように…岸田劉生は若い頃、モナリザの微笑の画を、大好きだったが、負けじ魂で画いた、麗子微笑でもって、見事に乗り越えた。
それは、ピカソも好きだったが、負けじ魂全開で、すっかり乗り越えてしまった岡本太郎や、西洋音楽に学ぼうとドイツに留学し、名曲「曼荼羅の花」を作曲した山田耕作や、ロンドンに留学し、より自核を見つめ直し、純文学「坊ちゃん」や哲学書「我が輩は猫である」を書いた、夏目漱石のようだ。
まあ、ほんとはみなさん、自身の為に、ライバルを求めて、彷徨ってただけなのかも、知れない。それに、ほんとは、創り始めた時から、乗り越えてたんだよ。実はね。

しつこいようだか、その源泉は、負けじ魂
=自身の才能掘り起こしだ。好きだからこそ、乗り越えようと必死努力し、遂に勝利するための、負けじ魂だ。そう今こそ日本人諸君!モナリザの微笑をぶっ飛ばせ!誰よりも自身の視たい画を画け!自身の一番視たい画を、どうでも画けぬのなら、辞めちまえ!辞めちまえと言われて、辞めちまうなら、辞めちまえ!ただ、他人のせいにだけは、するな。世間の無能無理解と言うなかれ!全ては自身の、努力という才能に、有り!音楽も然有!…しかり…漢字って象形文字だね。美しい!。

☆読了☆いつにも増して☆many☆manyありがとう☆ざ☆mas☆
…知ってまあす…marryかmerryで聖母マリアのことです☃



  1. 2010/12/24(金) 20:40:04|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

リーバイス FOREVER BLUE 2010 チャリティーオークション

回収したリーバイスジーンズに、エンケンが画く!オリジナルの1本!


Yahooオークションで出品中!


期間は、12月26日(日)22:00マデ


詳しくは、

http://blog.levi.jp/foreverblue/contributors.html

            秘宝館入口、Levi'sのバナーからも入れます。




*収益は「日本エイズ・ストップ基金」に寄付されます。
 興味のある方は、入札にご協力ください。

PICT0011.jpg

出品内容は、世界でただひとつのジーンズとコンドームケースです。

Endo_Kenji_3-1.jpg


  1. 2010/12/24(金) 03:25:50|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。