遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕のベスト盤【純音楽一代】の小冊子の飾り画や、初期の「純音楽新聞」に、画と文を書いてくれた青山みるくさんの展覧会に(山手線恵比須駅「 GALERIE Malle 」今月28日まで)本日、行って来ました。

写真

優しく可愛く、そしてちゃんと画(や)る!その純画家魂に、ただただ、感服!です。

巨匠だろうが、新人だろうが、男だろうが、女だろうが、大人だろうが、子供だろうが、どなたでも、ちゃんと画る!人の画は、凄美です。それが、挿絵だろうが、漫画だろうが、画だろうが、僕にとっては、画は画だから。

で、本日、僕は嬉しくて、子供眼線に低く並べられた、みるくさんの画を、しゃがんで、何度も何度も、視ました。兎に角、みんな可愛いのです。可愛から触りたいが、芸術の、真美の、基本です。それは色気と同義です。嗚呼!でもやはり、女の人は凄いです。

掲載寫眞は、僕が買って来た、可愛いお土産です。手ずくりのお菓子も、田村セツコさんのバッチも、申し訳ありませんが、色味は実物のほうが、もっと美しい青山みるくさんの絵葉書も、とにかく、素晴らしいです。是非いってあげてください。

昔、《チェリー・ボム》を大ヒットさせたランナウェイズという、米国女子バンドがあり、ジェーン・ジェットがサイドギターとして、在籍してたのですが、そこのリタという、リィドギター弾きが、まさにロックンロールギターとは、という、ホットパンツ剥き出しの、太腿音とフレィズで、カッコよかったのです。その時、女は凄いな!と思いました。別に、女だてらとか、男勝りとかしゃなくて、とにかく、かっこ良い音とフレィズだったのです。凄い女の芸術家に会うと、それのことを、よく想います。

みるくさんの画の話から逸れてるなんて思わないで下さいね。僕は美しければ、何でも、同じ眼線で、視ます!美にジャンルは、絶無です。然しながら、唯一つ、前衛なんてものは、有りません!現在在るのみ!何故なら、現在の完全表現は、未來永劫過去永劫、だからです。


スポンサーサイト
  1. 2010/11/23(火) 23:58:46|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

墓場の猫しりぃず外伝/僕は犬も好きですの巻その2

写真
去る20日の演奏会場、池上本門寺本殿の、御手洗の案内立板。「こちら」ではない、「あちら」が、氣になりましたが、出番前の恒例も含めて、四度ほど。


僕は、外見上は、外国鼻高犬より、まず、顔も模様も種種雑多と、視た眼も、楽しく美しいから、いわゆる雑種が、一番です。ところで、よく、「うちのは雑種で恥ずかしい」なんて、のたまう人がおりますが、生物の、尊厳を剥ぎ取るような、言葉ですね。そんなこと、平気でよくまあ。あなたも僕も、外国人も、何十億年分の、雑種です。

それから、秋田犬、北海道犬、甲斐犬、柴犬、紀州犬、上川犬、豊山犬(ぷさんけん=北朝鮮…なでしこジャバン!金メダル…やったあ!)…が好き。
眼に愛敬があり、僕にとっては、親しみのある容貌だし、日本語で語りかけても、日本語で答えてくれそうで、何より、一緒にいても、落ち着けると思うから。

でも、愛嬌ある顔してても、急に、獰猛だったりするけど、犬も悩み事多々多々だものね。まあなにしろ、外見はどうあれ、やたらと噛み付くやつ以外は、好きです。

ほんの片時でも、付き合ってみると、一見尊大鼻高犬でも、だいたいは、たわいがなくて、ドジで間抜けで、食いしん坊万歳で、ばかだなぁーと、可愛いものです。まあ、どんなワンちゃんでも、飼い主によって、性格は決まるような氣がするのは、偏見でしょうか。尊大な飼い主には、尊大なワンちゃんが、確かにね。

あっ、ひがな一日中、キャンキャン犬は、一番やだな。僕のリズムが狂うからね。そう、自分だけのリズムで、悦びも哀しみも、他の誰でもない、自分だけの音楽を、奏でながら、必死に生活きてる、言音一致の純音楽家である、世界中あらゆる人人の中の、一人としてね。

犬も猫も、三毛も虎模様も白も黒も黄色も、ドジで間抜けで、おっちこょこちょいで、おだてたり、褒めれすれば、素直に悦ぶ、性格快いのがいちばんです。血統書も家系図も出身校も出身地も貧富差も、クソ食らえです。勿論!人間も!です。

そうそう、誉められたくて、頑張るとこなぞ、僕にそっくりです。ほらね、よく頑張りましたねって、頭をよちよちされて、はぁはぁ‼嬉しくて‼わあ~ん‼わあ~ん‼ポッポー‼

そう、確かに、我らが間寛平氏の、カッコイイ!キメ台詞、「幾つになっても甘えん坊」は、その通りです。

あっ言い忘れましたが、外国犬では、ブルドックは好き。あの顔何とも言えず、あそこまでいけば、もう可愛いの一言です。でも、よだれの垂れ流しが、面倒だけど。

ついでに、そう云えば、フォーリーブスの歌、♪にっちもさっちも♪「ブルドック」は、名曲です。他に犬関係では、米国人テッド・ニュージェント氏の「DOG EAT DOG」共食いという、名曲もあります。あっIggy Pop氏の「あなたの犬にして」も、勿、名曲です。

しかしそれにしても、ハスキー犬よ何処行った!わんわんわん!


  1. 2010/11/23(火) 01:50:57|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。