遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

独舌(どくぜつ)しりぃず/哲学者(もの)田原俊彦氏と輪島大士氏の巻+墓場の猫しりぃず番外編・忠猫八の巻

写真
駅前広場の定食屋入り口で、対する京王線明大前の改札口めがけ、しきりに身構え、しきりにニャア!と発するのは、もしかしたら、可愛がってくれた、亡き飼い主を、この冷たい秋雨の日も待ち続ける、忠猫八っあんか?
写真

ビッグトシこと田原俊彦氏が、朝日新聞の記事で、生きる事=哲学を語ってた。中で、「マイケル・ジャクソン亡き今、僕が一番」と。
かっこいい!オジィより僕にはもっと身近なライバルがいる。嬉しい!
デビューしたばかりの頃は、楽しい好曲が沢山ある、身近な偉大な歌手俊ちゃんに!、何を気取ってるんだ、ジャンルなんて関係あるまいに、この国は!出た!嗚にゃ呼!
いい加減気づいてやれよ。マイケルの踊りは踊り歌は歌、トシちゃんのあの踊りは踊り歌は歌、どっちもどっち、甲乙つけ難しとしたら、僕は身近で頑張ってるトシちゃんの方を応援する。だって僕は日本人だもの。僕は必ずビッグ俊のLIVEを見聞に行くぞ!

そして、その同ペィジ耕論で、僕の「輪島の瞳」の輪島大士氏が、語ってた。「人生なんてご飯と一緒。おいしい時もまずい時もあるんだからさ」と。
遠くの哲学者(もの)を語るより、もっと身近な哲学者を大事にしろよ、まったくこの国は!また出た!嗚にゃ呼!
僕は、どんな仕事であれ、勉強であれ、ひと呼吸ひと呼吸、必死に生きる人は、純音楽家、純芸術家、純哲学者だと決めてる。

ところで、輪島氏は僕の「輪島の瞳」を聞いた事があるんだろうか?
いつか謹呈したいなんて、偉そうだし、余計な御世話。ただ、輪島さんのおかげで良い曲が出来ました。有難う御座います!

1991_fumetsunootoko-live.jpg

♪いつだって初心(ウブ)な気持ちで死ぬほど一生懸命やらなきゃ他人の気持ちなんてものは決っして打ちはしないよお♪←「輪島の瞳」…『大実況録音盤 不滅の男』エンケンバンド…より

互いの、ひと呼吸ひと呼吸に、どすこい!わっしょい!吉日!

スポンサーサイト
  1. 2010/10/29(金) 00:14:35|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。