遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エンケン秘宝館!祝!13周年!


             写真
スポンサーサイト
  1. 2010/09/01(水) 08:00:00|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

鬼太郎ランドを創ろう!

写真

8月23日月曜日銀座松屋は水木しげる米寿記念ゲゲゲ展、最終日に行きました。会場入口から、ずらり並んだ皆さんの、原画一枚一枚覗くごとに、可愛いなぁー!可愛いねぇ!という言葉が、想いが、それこそ会場中に、充満しておりました。僕は心底嬉しくって、「そうでしょう!皆さん」って、踊りたくなりました。思わず触れたくなるほど可愛いが、あらゆる美の根本です。水木さんの漫画は、一枚一枚、一筆一筆、美しい美術画です。どんな有名な、外国の絵描きさんにも、絶対負けません。

かの岡本太郎さん亡きあと、もしも、あくまでももしもですが、水木さんがいなくなったら、どんだけ哀しく辛いか、僕には想像つきません。勿論、作品は残りますが、僕の美を、純音楽を、追及する為の、今この瞬間を共に生き、頑張るとはこういうことだと、身をもって示してくれる、最強ライバルが、また一人いなくなってしまいます。そんなライバルを油断させる為に「怠け者になりなさい」なんて云いながら、実は血の滲む努力を怠らぬ、不滅の男水木さんです。そして、それは何より、地獄の戦場で、生き死にを経験したからこそ、云えるのです。云って好いのです。
皆さん、もっともっと水木さんを、褒めちぎってあげて下さい!だって、お世辞じゃなく、本当に好い画なのですから。国の世界の宝人です。

そして、ディズニーランドより、遥かに遊びたいのは、「水木ランド」か「鬼太郎ランド」です。そう思いませんか。この国はもっともっと、自身に素直になりましょう!それは、チャント仕事をして、自身に自信を持つ、ということです。生き残る為に、喰う為に、必死に努力して、あとは怠け者になりなさい!そして、次ぎなる必死に、備えましょう!以上自身に…皆さんには余計な御世話でした。何より水木さんには、もっと余計な御世話ですね。

終いに、テレビ「げげげの女房」を観ながら、よく思います。あんな美しい画を書く人の女房になれるなら、どんなに喰えない苦労をしても好いと思います。それほど、水木さんの画が大好きな、えんけんでした。
  1. 2010/09/01(水) 03:50:20|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。