遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

image.jpg

先月庭に植えた山ぼうしの木、約百五十センチに、素朴な白い花が咲きました。その写真です。でも僕は、どくだみの白い花が一番好きです。鼻の悪い僕に効能のあるドクダミ茶=別名《十薬》も好きということもあり、葉っぱをちぎって嗅いだ生香りは僕の気持ちを、落ち着つかせてくれます。やはり庭に植えた、コブミカンの香りも、です。あっタイカレェ屋ピキ-ヌのカントリーカレェを喰いたいな!で、どくだみは、廊下から漏れる電球色の灯りと、梅雨と朝露と、月光と蛙と蚊と野良猫が、とてもよく似合います。それから、夕顔も好きです。夕顔とどくだみの花は夜陰の花です。二度ほどライブで演奏したことがありますが、僕には【夕顔】という、ピアノ曲があり、ドビュッシーより遥かに身近く、自信を持って快いです。今でも迷ってますが、創りたての曲名は【夜陰の花】でした。次回のアルバムの一曲にと思ってます。というより、既に自宅録音済みであります。乞うご期待!

向日葵も植えてもらったし、ケイトウもいいな。あっ柘榴(ざくろ)も植えてもらいました。えんけん家には、チャンス高橋さんバァバラ友清さんバティストゥータ佐野さんという、まっこと快かぁ三人の庭師がおるとです。
それから、舞台では何度も話しましたが、山田耕筰の交響曲【曼陀羅の花】は世界に冠たる名曲であります。きっとまたこの名曲について、触れることが多いと思いますので、その時にはまたしてもと、どうか皆さんは諦めて下さい。日本人の交響曲には名曲多多多多!折々につけまた。

なんて考えながら、この近年お世話になる事の多い、泥棒貴族で買った花柄の舞活靴を、竹の縁台に虫干してたら、墓場のカラスのイタズラのカア吉は、その竹の縁台の下の奥、蓋つきの丼のなかの猫餌めざとく、カア吉様御用達電信柱のてっぺんから空高く、紅舌クワァ!と吠えました。

写真
スポンサーサイト
  1. 2010/06/04(金) 03:51:38|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。