遠藤賢司ブログ館

ENKEN BLOG KAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明けましてクカクカ族

20100101-01.jpg

これが先日神田の古本屋がらんどうで見つけた、
まさに出会いたかった素晴らしい本です。
えんけんが15歳(1963年)の時に、 290円で発売された「裸族のミイラ」という本です。

まあ一言で言うと、オゥストラリア人のコォリン・シンプソンが書いた探検物で、
ニュウギニアの人食い獰猛人クカクカ族の話です。
まあじきにお正月ですから、とても言えないこんな事あんなことが、書いてあります。
でも貴重な本です。
我々の遠い先祖も現在人も、こんなものだと思って、読みました。

僕もそうなのですが、タランティーノ映画も、簡単に云えばそういうことなのです。
獰猛!

そう云えば、細野晴臣氏が昔、寝図美と共に飼っていた元野良猫は、かなり獰猛なので、
名前がドウモウでした。
実に単純で美しい名前!です。
さすがに細野氏だと思いました。

その猫の獰猛が獰猛たるゆえんとも言える、光景を細野家応接間で、えんけんは観たことがあ
りました。

それは細野家に伝わる大事な家宝とも言える、
確かかのタイタニック号で九死に一生を得たお祖父様の形見であったと思いますが、
ベェトォベンの顔の石膏像に、いったい何を想ってか、
その獰猛が敢然と飛びつき、みんごと粉々チリジリに、というものでした。

でも 寂しがり屋で照れ屋の、裏返しという感じがして、
僕にとってはあくまでも他人事で申し訳ないのですが、
真っ直ぐで許せるものがありました。

まあクカクカ族の本文の逸話にも、それと似たものを感じました。

そう前にテレビのドキュメンタリー番組の中で、
スタッフの男に、ブラジルの絶滅危惧種に近い奥地女人が、
「おまえの頭(たぶん髪形)は、変わってるな。切り取ってやろうか」
と、キッキとかん高く笑ってたのを、思い出します。
あまりにも真っ直ぐな言葉に潜む獰猛さと、
実はそのスタッフへの興味を素直に伝えられない照れくささを。
子供の頃、好きな女の子を追いかけて、引っ叩くようなね。

あくまでも勝手な解釈ですが、美しい剥き魂な言葉だと、僕は感心しました。

あっ隣り合う部屋から、除夜の鐘の音が。
今年もお世話になりました。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 23:58:04|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

「蕎麦こい日記」

20091231_02.jpg

明日ライブだというのに、年越し蕎麦で思い出しました。
僕の曲「口笛吹いて」で、春風亭昇太くんに、高い高いされて、
ヒィヤアとかん高い声の主、歌手高遠彩子くんが、
蕎麦の本「蕎麦こい日記」を出版しました。

よくありがちな蕎麦通ぶらず、
素直で心優しい文章で、
さすが歌手だからこそリズムも好く、
お世辞じゃなく、とってもお薦め本です。

僕は方丈記を思いました。

御正月に是非!読んでみて下さい。
  1. 2009/12/31(木) 20:19:52|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

今年最後の練習終了!

20091231.jpg

背中に生ギタァ、エレキギターをたすきがけ。
そしてエフェクタァボゥドなどを引きずりながら、
スタジオに通ってます。
  1. 2009/12/31(木) 19:45:43|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

遠賢保存会の皆様へ

1996年7月に発足した、遠藤賢司公式ファンクラブ
「遠賢保存会」が、2009年12月31日をもちまして、
その活動に終止符を打つことになりました。

不安定ながらも
ここまで長期間に渡り活動を続けてこれたのは、
エンケンファンの皆様のご支援のおかげでございます。

会報や各種特典・グッズ等の配布遅滞など、
様々な問題もありましたが、
見捨てずについてきてくださって
本当にありがとうございました!

お約束しております通り、
2009年に発行の予定だった会報の最終号や、
制作・配布が滞っております年1回の特典などは、
年を跨いでしまいますが、きっちり配布させていただきます。

私、図書之介は今後も
公式サイト「遠藤賢司秘宝館」の運営など、
エンケンさんの活動を支援させていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

これまでお世話になりました!
どうもありがとうございました。

遠賢保存会会長:斉藤図書之介
  1. 2009/12/31(木) 00:56:14|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

「つい今朝がたのいつもとかわらぬ野良次郎さまの餌強請の巻」
えんけん

しかし何だね、近ごろ突然としてえんけんは、ブログに張り切ってるね。
いつまでもつか知らんが、まるで年末えんけんブログ祭りだね。
急にねぇ。
でもえんけんの音楽を聴いてのとおり、程々が無い奴だからなあ。
そうそう、そういった意味では、天下御免だね。

そうそう御免と云えば、京都銀閣寺そばの饂飩屋おめん、
この前行ったら、休みだったなあ。
暫く食べてないけど、あいかわらず美味いだろうなあ。

あっ同じく京都は高瀬川そばのカレェ屋インディアン!
やはりやってないみたいだね。
何度も電話したけど反応ないんだ。

あれは正に世界でただひとつ味の、えんけんの味感で云えば、
日本人ならではの、何処か爽やか味噌味カレェ!
…芸術も食い物もそう有れかし!…
清潔で作り人の優しさと心意気が心に沁みる♪~カレェライス~♪だったのに。

もし終店してしまったのなら残念の一言ですが、僅かながらも再開を祈りつつ、
とりあえず、心より有難う御座いました!

それからフィギアスケィトの真央ちゃん、
オリンピック出場を決めたあの滑り、正に鬼気せまる、とはあのことだね。
えんけんの胸にシュツシュウジュワァリときたよ。

それにしても中野くん残念!だったなあ。
しかし何だね、TOKIO?の彼、
まあ彼も実は居心地悪くつらいだろうなとは想うけど、
でも悪いが、全く不要な中間搾取の、
あれこそが正真正銘、事務所天下りの無意味な解説だね。
これぞいらぬ余計なお世話だけど、まだ若いのに癖になったらどうすんだろう。
残りの人生ひたすらつらくなるよ。
でも世の中そんなに甘かねえ!
「ド素人はスッコンデロォ!」を元日ライブで歌いたくなった!聞きにおいで!
真央ちゃんに負けじと魂全開の、奇奇いや鬼気せまる演奏するよ。

ニャア!ニャア!なんだかんだと、
終いにゃ元日ライブの宣伝かにゃおお!
はいはい野良次郎さま来年も宜しく!
で、はい餌!あにゃがと!
えんけんも村主も頑張んにゃよ!

20091229_03.jpg
  1. 2009/12/30(水) 01:13:21|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

20091229_02.jpg
すいませんが、パソコンから見てください。
  1. 2009/12/28(月) 02:53:46|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

シ!シベリア

20091222.jpg

またしてもその先日、神田のパン屋さんに、
なんと大好きな「シベリア」がありました。

三角形のカステラにアンコをはさんだものでね、
こらこらアソコじゃないですよ。
エノケソじゃなくエノケンでエソケソじゃなくエンケンです。

はい、とにかくシベリアは楽しく美味しいよ。
でもほとんど絶滅にちかいんだよね。

えんけんは、パン屋和菓子屋ケィキ屋に行くと、
必ず「シ!シベリアはありますか!」と尋ねます。
鈴木慶一氏も「シ!シベリア」が大好きです。

「完全無添加なので夏は作れないんです」と、
責任感あふれる、若い優しい店主御夫妻が、
口を揃えてそう申しておりました。

店の右手のポスターは、当然ベッカムです。
いいぞぉどんなことをしてでも
「アムールエイパン」も「シ!シベリア」も「エソケソ」も生きな!
  1. 2009/12/23(水) 21:20:14|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

20091221_02.jpg

これがさかえやミルクホールです。
カレェラァメンやカレェとラァメンセットなどがあります。
僕はカレェを食べました。
とても清潔な温かな味がしました。
  1. 2009/12/22(火) 00:38:46|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

「僕は階段石段登りが好き!」えんけん

20091221_01.jpg

とても三浦雄一郎さんには、およびませんが、
僕は駅の階段や神社の石段登りが好きです。

ちょっとした山登り気分が味わえるのと、
登り切った後の、脈打つ心臓が生命の実感を明覚に、
なんてちと大袈裟ですが、達成感もあり、気分爽快になるからです。

それになんとか、幾つになっても腰をすえて舞台に立ちたいから。

でもビルの階段は、景色もつまらなく、意気地が失せます。

で先日は、神田お茶の水、都営地下鉄小川町駅の13階段
(その昔ナチ戦犯の絞首刑シーンに始まる第二次世界大戦記録映画「13階段への道」という映画がありました)×4踊場=52段位登山かな。

ナチと云えば、ゲシュタポ野郎の頭皮剥ぎ退治映画、
タランティーノ監督「イングロォリアス・バスタァズ」はとにかく良かった。
さすがタランティーノだ。
ロォドショオ中なので、中身については云いませんが、まだの人は是非!是非!是非!

そうそう階段登りの話しですが、勿論用事があってその小川町駅に行きました。

まず白泉社(ボイジャー君の出版元)の編集者と会って、
本のデザイナーの友人も出品してる、装画の力展「太宰・清張を描く」を見て、
さかえやミルクホォルでカレェを食べて、
おいなりさんと鯛焼きを買い喰いしながら、
友人の経営する古本屋に行ったりしました。
その「がらんどう」でとても面白い本を見つけました。
忘れなかったら後日ちらっと紹介します。

あっそれから引越しの話ですが、
もしかしたら、密かに 憧れてた、お墓際の一軒家に、思いがけず引っ越せるかも知れません。
何処までも続く墓石(かなりの昔「墓石の鼾する時」という時代劇無声映画があった)を観てると、
とても心が落ち着くんだ。
時には霊魂火もみれるかも。
まあこれで一歩近づいたということかな。
何にかなぁ。でもえんけんは相当な恐がり屋だから、
夜帰宅する時には、階段で鍛えたその足を活かして、脱兎サン!

あっそうそう思い出したことが、
今より25年あまり前、青山墓地の傍、乃木坂に住んでた時、
夕暮れから夜にかけての墓石道を、縦横無尽に走りまわってたことがありました。
いわゆる墓風を胸にジョギングです。

そんなある夜、墓場で逢い引きしてた男二人とぶつかりそうになり、
「ヒィアッ!」と叫ばせてしまったことがありました。
勿論えんけんもかなりの「ヒィアッ!」でした。
互いに「すいません」と謝まりましたが。

ほら、真夏の墓石の間の細い一本道を、左手に水桶を持った浴衣姿の女が、
白いレェスのハンカチで、時々頬汗を軽くおさえながら、
はっぴいえんどの歌みたいな日傘をゆらゆらさせて、
例えば先ほどのタランティーノつながりで云うと、梶芽衣子さんが。
ねっいいでしょう。

本日は珍しく長文乱文これまた失礼でした。
またね。

最後迄読んでくれたから共にわっしょい吉日!遠賢
  1. 2009/12/22(火) 00:36:44|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:0

東が丘みぃこのイラスト

20091214.jpg

イラスト&絵画制作家の、小泉さよさんから、
我が家の野良猫みぃこのイラストをいただきました。

みぃこはどことなく市原悦子さんに似ています。
ときどき人生の哀歓を重ね、必死に生き延びてきたと思える、
まるで家政婦が見ていたのような、実に人間臭く表情豊かな顔をします。

確か、半年位前のある晴れた日、ふと気がつくと、
その市原みぃこが縁側に座って、えんけんをみつめてました。
勿論勝手に上ったのですが、その時えんけんが撮影し、ブログに載せた写真を観て、
小泉さんが画いてくださったそうです。
ねっいいでしょう。

でも来年一月中には、建て壊されるこのアパァトから引っ越さねばなりません。
そう思うと切なくなります。
また野良猫が遊びにくるような、こんな日当たりの良い、
縁側のある広い庭のある一軒家に、引っ越しできたらなぁと思います。
探してるけどなかなかありまへんですなぁ。

そういつも餌をめぐって睨み合いしてる野良猫次郎とみぃこ…今のうちた
くさん食べな!
両猫ともなかなか触らせてもくれないけど、
野良猫だからこそ本来の猫らしく、喜怒哀楽が素直で可愛いんだよなぁ。

あっそうそう、その小泉さよさんの本「まったりゆるゆる猫日記」も、良いですよ。
やっぱり猫ってねぇ~見た目はのんびりと、好いねえ!
でも大変なんだよにゃあ~。
まあとにかく吉日。
  1. 2009/12/14(月) 04:31:59|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1

20091209.jpg

春風亭昇太くんの50回目の誕生日は昨日九日でした。
昇太くんは心優しい、眞に好い男です。
僕のアルバム「君にふにゃふにゃ」の口笛吹いてにおいて、
コォラスは勿論、歌中劇での「高~い高~い」叔父さんの役を、
いろんな状況を想定して、幾度も幾度も録音してくれました。
で、感謝とともに誕生日メェルを送らせていただきました。

♪ワッショイ♪ \(^遠0賢^)/ 吉日♪
  1. 2009/12/10(木) 02:22:04|
  2. 純音楽家エンケンが撮る!書く!
  3. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。